ツォンカパ論師の中観思想を学ぶ意義5

ツォンカパ論師の中観思想を学ぶ意義5

さて、今回も引き続きましてツォンカパ論師の中観思想(中観帰謬論証派)と中観自立論証派との相違につきまして考えて参りたいと存じます。

中観帰謬論証派も中観自立論証派も当然に仏教の目指す正悟・正覚・涅槃へと至るための方法論として、「世俗諦と勝義諦の二諦」を扱います。二諦に関しまし ては、これまでの私の施本でも詳しく述べさせて頂いておりますので、ここでは解説は致しませんが、中観帰謬論証派においては、世俗諦と勝義諦を明確に隔絶 させて扱います。しかし、一方の中観自立論証派では、勝義諦の中に世俗諦を無理矢理にでも何とか組み込んで、勝義諦を世俗諦においても表そうと苦心しま す。勝義諦と世俗諦との重なる領域を「異門勝義・依言勝義」として、どうにかコトバの世界でも勝義諦を表そうとしたのであります。

もちろん、中観自立論証派の目指そうとした気持ちは分からなくはないのですが、コトバの世界がもともと抱えてしまっている限界のために、結局のところは論 難がつきまとい、論証に破綻をきたしてしまうこととなり、また、世俗諦と勝義諦を曖昧化させてしまっては、様々な弊害が生じることになってしまいました。 つまりは、何が世俗諦であり、何が勝義諦であるのかの区別がつかなくなり、仏教教義の収拾がいっそう図れなくなってしまう危険性が出てきてしまうというこ とであります。

弊害の一つは、コトバの実体化であります。コトバにより、勝義諦を表すことはできないというのは、中観論者の大原則であります。しかし、「勝義諦と は・・」、「勝義諦によって・・」と何かを立論することは、勝義諦の実体化を図ろうとする意図があり、あくまでも世俗(言説)におけることとしておきなが らも、それは中観帰謬論証派から見れば、勝義諦というものを何か実体化していくもの以外の何者でもないということとなってしまいます。勝義諦の領域におい て少しでも何かを実体化させてしまっては、もはやそれは、勝義諦では無いものであり、世俗諦と勝義諦との曖昧化は何としても避けなければならないのであり ます。その曖昧化の典型の一つが、「絶対的な存在・実在・実体の立論(本覚思想・如来蔵思想・仏性思想)へと向かっていく傾向」を許してしまいかねない事 態をもたらしてしまうことであります。

しかし、確かに勝義諦はコトバでは表せないとしても、それでは結局は黙して何も語らなければよいのか、コトバの世界は所詮は虚妄・虚偽であるから、何も頼 りにならないのか、勝義諦の世界とは、超絶されたものであるのかと、神秘主義、懐疑主義・不可知論、または、虚無・悲観・絶望主義に陥ってしまってもいけ ないのであります。

もちろん、勝義諦をコトバの実体化により表すことはできません。しかし、世俗諦において、無自性・空なるコトバにより、勝義諦とはいかなるものであるかを 指向することはギリギリで可能であると考えます。あくまでも、世俗諦における「無自性・空なるコトバ」によってというところが重要であります。また、その 「無自性・空なるコトバ」を誤りなく成立させるために、その背後に控えているのが「深遠なる縁起の理法」であります。

ナーガールジュナ論師の中論「観四諦品」(第二十四・第八偈~第十偈)『二つの真理(二諦)にもとづいて、もろもろのブッダの法(教え)の説示〔がなされ ている〕。〔すなわち〕、世間の理解としての真理(世俗諦)と、また最高の意義としての真理(勝義諦)とである。』、『およそ、これら二つの真理(二諦) の区別を知らない人々は、何びとも、ブッダの教えにおける深遠な真実義を、知ることがない。』、『〔世間の〕言語慣習に依拠しなくては、最高の意義は、説 き示されない。最高の意義に到達しなくては、ニルヴァーナ(涅槃)は、証得されない。』【「中論」邦訳参照〔中論(上・中・下)三枝充悳訳注 第三文明 社・レグルス文庫〕】とありますように、二諦の理解をもって、いかなる世俗(言説)における無自性・空なるコトバが、中観帰謬論証派において「言説有」と して扱われるのか、ツォンカパ論師は、慎重にコトバの世界を扱う中で、安易に戯論寂滅・言語道断・不可説へと転落しないように、もちろん、実体・自性・自 相化へとも転落しないように、絶妙のバランスを保つ「言説有」を徹底的に再構築したわけであります。

ツォンカパ論師は、「勝義としては、無(非有)であるが、世俗としては、有(非無)である」としての「非有非無の中道」を明らかとし、仏教思想史上の革新的転回を果たし、お釈迦様の教えの原点回帰を図ったのであります。

次回も引き続きまして、更にツォンカパ論師の中観思想につきまして考えて参りたいと存じます。

・・

ツォンカパ論師の中観思想を学ぶ意義4

さて、今回はもう少しツォンカパ論師の中観思想(中観帰謬論証派)と中観自立論証派との相違につきまして考えて参りたいと存じます。

まだ拙い私の理解でございますので、多くの間違いや勘違いがあるかとは存じますが、簡単に今の私の理解について、以下に述べさせて頂きます。

中観帰謬論証派と中観自立論証派との最も大きな相違点は、世俗(言説)の次元における「自相の成立」について、前者ではそれを認めませんが、後者では認めている(正確には、認めざるを得ない)というところであります。

それは、「コトバの世界において扱うモノ・コトの背後に、そのモノ・コトを、モノ・コトとして何か成り立たしめている実体(自性・自相)があるのか、ないのか」ということでの扱いの違いであります。

もちろん、両論派共に勝義諦(第一義諦)においては、そのような実体(自性・自相)は完全に否定しますが、中観自立論証派では、世俗(言説)の次元におい て、モノ・コトを何か成り立たしめている実体(自性・自相)を認めてしまっている(認めざるをえない)というところがあります。

それは、自立論証を用いて、論証主張して対論者に「空・無自性」を認めさせるためには、立論者と対論者の間において、共通の知識根拠〔量〕(直接知覚と推論)・存在論が必要であることが大きな原因となっています。

しかし、中観論者は、「あらゆるモノ・コトは、空であり、実体が無い」という理解が「空・無自性」を主張するための大前提となっているにも拘わらず、自立 論証においては、立論者が対論者(実体論者)に対して、自分の論証主張を認めさせるにも、相手との間において共通の知識根拠(特に直接知覚)・存在論を何 とかして設定しなければならず、そのため、相手にある程度譲歩して論証を展開していくという中で、コトバの世界(世俗・言説)においての何らかの実体(自 性・自相)を認めざるを得ないという誤りが結局は付随してしまうというわけであります。

何らかの実体(自性・自相)を認めざるを得ないというのは、例えば、簡単には、「○は、~である。」の場合、その「○」としてあるモノ・コトについて、 「○」というモノ・コトが、そのまま、立論者の意図してる知識根拠の通りに対論者の側での知識根拠としても合致する余地があるのかどうかということではな いかと考えております。もしも、合致するような知識根拠が何も無いとなれば、最初から議論は成り立たなくなってしまい、立論そのものが意味のない、無駄な ものとなってしまいます。

そのため、自立論証を採用するのであれば、世俗(言説)において、何らかの実体(自性・自相)を何とかしてでも認めざるを得ないこととなってしまいます。 しかしながら、世俗(言説)の領域であるとはいえども、そのような実体(自性・自相)を認めてしまうということは、いくら世俗(言説)の領域に限定しても 許されないとして中観帰謬論証派からは激しく批判されることになります。

もしも、立論者が本当の中観論者であるならば、「○」には、何らとして「○」として成り立たしめているような実体・自性・自相は当然に見当たらないため、 ただ「○は、無自性・空である」ということだけが一応は言えるのみで、それ以上は本来、何も立論のしようが無いのであります。当然に自立論証の展開は成り 立たないことになります。

そのため、中観論者は、本来、自立論証は採用できず、相手の主張の矛盾・誤謬を指摘して、その実体論の誤りを正すという帰謬論証を用いて、空・無自性を論 証していくことしかできないのであります。また、もちろん、「○」は無実体・無自性・無自相、空なるものでしかありませんが、「○」は、世俗(言説)にお いて、「分別によってただ仮に名のみが与えられているもの(仮名・仮設)に過ぎない」ということで、中観帰謬論証派は「○」について一応は言えることがで きるという立場として、「言説有」を扱うのであると考えています。

少し上記のことは私の理解が不足している点も多々あるかと存じますので、随時に検証していけましたらと存じております。次回も引き続きましてツォンカパ論師の中観思想(中観帰謬論証派)と中観自立論証派との相違につきまして考えて参りたいと存じます。

・・

ツォンカパ論師の中観思想を学ぶ意義1-3
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51766505.html

「非有・非無の中道」について
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51764526.html

「縁起賛」・「ラムツォ ナムスム(道の三要訣)」・「四つの捕われから離れる秘訣」
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/m/197611

「蟻の瓶と象の瓶」齋藤保高氏
http://rdor-sems.jp/index.php?%E8%9F%BB%E3%81%AE%E7%93%B6%E3%81%A8%E8%B1%A1%E3%81%AE%E7%93%B6

教理の考察「蟻の瓶と象の瓶」(齋藤保高氏)・感想1-3
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51749171.html

チベット仏教ゲルク派 宗学研究所
http://rdor-sems.jp/
ポタラ・カレッジ 齋藤保高氏の個人サイト

「苦楽中道説について」
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51739221.html

「苦楽中道説について」補足
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51746333.html

中観帰謬論証派の学びのススメ
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51597159.html

mixiコミュニティ「仏教・中観思想・空思想を学ぶ」
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4629752

仏教・学びの進捗状況全般参照
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/

集中的に再読していく論著集

「中論―縁起・空・中の思想(上・中・下)」三枝充悳著 レグルス文庫
「大乗仏典14 龍樹論集」 中央公論新社
「講座 大乗仏教7 中観思想」春秋社
「講座 大乗仏教9 認識論と論理学」春秋社
「講座 仏教思想1 存在論・時間論」理想社
「講座 仏教思想2 認識論・論理学」理想社
「チベット仏教哲学」松本史朗著・大蔵出版
「チャンドラキールティの中観思想」岸根敏幸著・大東出版社
「ツォンカパの中観思想―ことばによることばの否定」四津谷孝道著・大蔵出版
「ツォンカパ 中観哲学の研究1」
「ツォンカパ 中観哲学の研究2」
「ツォンカパ 中観哲学の研究3」
「ツォンカパ 中観哲学の研究4」
「ツォンカパ 中観哲学の研究5」
「般若経釈 現観荘厳論の研究」兵藤一夫著 文栄堂
「ダライ・ラマ 般若心経入門」ダライ・ラマ14世著、宮坂宥洪翻訳・春秋社
「ダライ・ラマの仏教哲学講義―苦しみから菩提へ」
テンジンギャツォ著・TenzinGyatso原著・福田洋一翻訳・大東出版社
「チベット仏教成就者たちの聖典『道次第・解脱荘厳』解脱の宝飾」
ガムポパ著・ツルティム・ケサン、藤仲 孝司共訳 UNIO
「心の迷妄を断つ智慧―チベット密教の真髄」
チュギャム トゥルンパ著・宮坂宥洪訳
「チベット密教 修行の設計図」
斎藤保高著・春秋社
「チベット密教 心の修行」
ゲシェー・ソナム・ギャルツェン ゴンタ著、藤田省吾著 法蔵館
「チベット仏教 文殊菩薩(マンジュシュリ)の秘訣」
ソナム・ギャルツェン・ゴンタ著 法蔵館
『ダライ・ラマの「中論」講義―第18・24・26章 』
ダライラマ14世テンジンギャツォ著・マリアリンチェン翻訳 大蔵出版
「悟りへの階梯―チベット仏教の原典『菩提道次第論』」
ツォンカパ著・ツルティムケサン翻訳・藤仲孝司翻訳 UNIO
『「空」の構造 -「中論」の論理』立川武蔵著・第三文明社

施本シリーズ

施本「仏教・縁起の理解から学ぶ」
http://oujyouin.com/enginorikai.html
施本・「仏教・空の理解から学ぶ」
http://oujyouin.com/topengi.htm
施本「仏教・空の理解」
http://oujyouin.com/sunyatop.htm
施本「仏教 ~ 一枚の紙から考える ~」
http://oujyouin.com/buddhism1p.html
施本「佛の道」
http://oujyouin.com/hotokenomichi.html

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク